ぼちぼち
by eriko621
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

予想的中
姪っ子が婚約者と別れました。
一度大きなケンカをし、その後、仲直りして別れの危機を脱したかと思いきや、やっぱり別れることを選んだ姪っ子。
うむ、私の勘が当たったよ。前々から嫌な予感してたんだよね。




勘が当たったというと、ちょっと偉そうですかね。結果論といわれればそれまでなんですけど。

なんと婚約してから2週間もしないうちにスピード婚約破棄。一体何があったのでしょうか。
婚約をする前から、色々とごたごたはあったんです。私が見る限りでも。

彼(婚約者S)の大きな過失を申しますと、婚約をしたその日、その日は姪っ子の従妹Nも田舎からお祝いに来てました。その従妹Nはとっても可愛い、相方の16人の姪っ子甥っ子の中の一人。
その従妹Nを見て、Sは「僕の前の彼女にすごく似ている!」とほざきました。一回ならまだしも、何回も。婚約者である姪っ子にまで言ったそうな。
婚約式をしようという日に、こんな救いようのないバカ発言。姪っ子が怒るのは無理ありません。

さらに。Sの姉の家に出かけた姪っ子。肘をついて手に顎をのせソファーに腰掛けていたら、Sにパシッと手を叩かれたよう。「いきなり何すんのよ!」と姪っ子が怒ると、「ナンだその座り方は。これから死ぬまで僕の親と暮らすんだぞ!」と言い、さらに殴った(?)か叩いたかしたS。姪っ子の口から聞いただけなので、詳細は分かりかねますが、いきなり手をあげるのは、どうかと。まず口で言ったら分かることなのに。姪っ子はその後、泣いていました。

Sのお給料ははっきり言って少ない。まだ若いし、それも仕方ない。第一、人生お金だけじゃないんだと皆口を揃えて言っていました。だから、最初の1年、1年半くらいはSの実家で暮らす約束をしていた両者。
ところが、ここへ来てこの発言。やっぱりって感じですね。こんな人、一生親元離れないよ。実家が一番、自分の親が一番って言ってたし。
ちなみに私と相方、彼の実家へ招かれ行ったことあるんですけど、もうそれはそれはヒドイんです。
ボロボロと言うか何というか。ボロはボロなりに綺麗に片付いていたらいいんだけど、散らかってて掃除されてない。雨漏りしてる。何故か床が濡れている。トイレは離れにある・・・。
「嗚呼・・・姪っ子はここで1年以上暮らさなくはいけないのか・・・」と思うほどのボロ屋敷でした。


そんでもって発言が時折失礼。義姉にむかって「僕のお母さんのほうがずっといい」「あなたは僕のこと好きじゃないだろ」という発言をしたそうな。意味不明。思ってても口にするか?普通。

マザコン・・・。この言葉がよぎりますねぇ。

姪っ子も二回目の婚約破棄になるので相当悩んでいましたが、今までのこと全部ひっくるめて、愛想尽かして別れようと決意したようです。もらったゴールドの指輪とブレスレッドは、返していました。

買ってもらった服や靴は返さなくてもいいだろう、と思いきや、Sの姉から電話がかかってきて
「全部返せ!あんた、二回目の婚約なのに、恥ずかしくないの?!」って言われたみたい。ひぇ~~超険悪ムード!怖い怖い。姪っ子は洗ってから返そうとしていたのに、「まだ送ってないの?!」と3回も電話かけてくる始末。すごい執念感じます。たかが服ごときに。
っていうか、一回着たものを返せと言う神経、分かりません。これを見るにつけても、あの家族と親戚にならなくて良かったんじゃないかって思います。

二回も婚約破棄したと言うと、えらく聞こえが悪いですが、考えてみてください。二人とお付き合いして別れただけなんですよ。今時、日本じゃ普通ですよねそれくらい。
だからそんなに気負わずに、と姪っ子を励ましています。他の誰かがあなたを待ってるのよ、と。

こればっかりは運命。姪っ子にいい人が見つかりますように。
[PR]
by eriko621 | 2006-06-01 08:46 | トルコの日常
<< 猫ファン必見、ワン猫 一人の夜は >>