ぼちぼち
by eriko621
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
日本の日常
お菓子
小麦遊び


風景
手作り
映画・本・ドラマ

トルコ小話
結婚・手続き関連
料理・食べ物
トルコの日常
家族
渡土日記
ひとりごと
自己紹介ぽいもの
はじめに
娘ちゃん
以前の記事
2015年 03月
2014年 04月
2013年 05月
2012年 10月
2012年 08月
more...
ブログパーツ
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ワクチン接種
ウルギュップからキョイへ行ったり来たり。キョイではお義父さんのお墓参りにいきました。お墓の写真はなんだか気がひけたので撮りませんでした。トルコは土葬なので、人が寝転んだ程度の大きさのお墓を見ると、ここにお義父さんが眠っているのかぁと思い、悲しいというか感慨深いものがありました。もっとたくさんお話したかったなぁ。結婚した当初はトルコ語があまり上手くなくて、ドイツ語しゃべれるのか?なぁんて言われたっけ。(しゃべれる訳ない)

ウルギュップ滞在最後の日の前日、ススルにアシュ(ワクチン)を打ってもらう為、動物病院に連れて行きました。半年に一度くらい、お金を渡して甥っ子に頼んでかわりに連れて行ってもらってます。昔行ったところとは別のところ。ウルギュップに2軒あることを知りました。
b0049218_20165632.jpg
入った瞬間、「あ、ヤバイ」と思ったのか(どうかは知りませんが)、脱出しようとするススル。
b0049218_20183169.jpg
ワクチン2種と虫避けの為の薬を首のところに塗ってもらいました。2本も注射打たれて目が真っ赤、ごめんねぇ。
ウルギュップでは飼っているペットにこんな冊子を配布しています。接種したワクチンの種類と日付、ドクターのサインを記入。b0049218_20205195.jpg
b0049218_20211373.jpg
また半年後に来てくださいと言われました。また甥っ子に頼んで行ってもらうしかないわね。

追記:
この日の夜、相方の上司に夕食に招待され(義姉一家と過ごしたかったので正直行きたくなかったが)行くはめに。上司一家が越したその新しい住宅街はウルギュップのハドサン近くにあります。2008年完成予定とされていたところなので、歩道とか共有の広場はまだ砂利で未完成。完成したら素敵になることうけあいです。どこも3階建てのtriplex。トルコは日本の二倍の国土があるのに意外と一戸建ては少ないです。完全な一戸建ては田舎の家かお金持ちの家か。アパートやマンションが多いです。そこへ早めに越したそうなので、ご近所さんは少なかったです。
その晩はお魚がメインでした。そういや今回トルコに来て魚食べるの初めてだわ、と気付く。私はナイフとフォークで魚を綺麗に食べれません。やっぱ箸じゃないと。
その新しいおうち、伺ったのは初めてだったので、色々見せてもらいました。キッチンはセミオープンタイプでダイニングと繋がってて使いやすい。サロンの窓はこの内陸地方ではありえないほど大きい一枚ガラス。割ったら高そう、冬は寒そう、なんて貧乏人の考えはいらないみたい、この家では。3階は娘さんの部屋で屋根裏みたいで素敵でした。だけど毎日3階と1階を上り下りするのはしんどうそう~。
この日、カメラを持っていかなかったことを激しく後悔。

次の日の早朝、結婚してチョルムという街にいる姪っ子Uから連絡が。
「今日の夕方あなたたちに会いにそっち(義姉の家)に行くから!」
突然の知らせに喜ぶ義姉と私。姪っ子と生まれた赤ちゃんヤームルには今回会えないと思っていただけに嬉しさ倍増。夕方、彼女と赤ちゃんの到着を待つ。

             

                                                          つづく



                         
[PR]
by eriko621 | 2008-04-22 20:51 |
<< ウルギュップ最後の夜 avanosのとあるカフェ >>