ぼちぼち
by eriko621
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:犬( 31 )
ワクチン接種
ウルギュップからキョイへ行ったり来たり。キョイではお義父さんのお墓参りにいきました。お墓の写真はなんだか気がひけたので撮りませんでした。トルコは土葬なので、人が寝転んだ程度の大きさのお墓を見ると、ここにお義父さんが眠っているのかぁと思い、悲しいというか感慨深いものがありました。もっとたくさんお話したかったなぁ。結婚した当初はトルコ語があまり上手くなくて、ドイツ語しゃべれるのか?なぁんて言われたっけ。(しゃべれる訳ない)

ウルギュップ滞在最後の日の前日、ススルにアシュ(ワクチン)を打ってもらう為、動物病院に連れて行きました。半年に一度くらい、お金を渡して甥っ子に頼んでかわりに連れて行ってもらってます。昔行ったところとは別のところ。ウルギュップに2軒あることを知りました。
b0049218_20165632.jpg
入った瞬間、「あ、ヤバイ」と思ったのか(どうかは知りませんが)、脱出しようとするススル。
b0049218_20183169.jpg
ワクチン2種と虫避けの為の薬を首のところに塗ってもらいました。2本も注射打たれて目が真っ赤、ごめんねぇ。
ウルギュップでは飼っているペットにこんな冊子を配布しています。接種したワクチンの種類と日付、ドクターのサインを記入。b0049218_20205195.jpg
b0049218_20211373.jpg
また半年後に来てくださいと言われました。また甥っ子に頼んで行ってもらうしかないわね。

追記:
この日の夜、相方の上司に夕食に招待され(義姉一家と過ごしたかったので正直行きたくなかったが)行くはめに。上司一家が越したその新しい住宅街はウルギュップのハドサン近くにあります。2008年完成予定とされていたところなので、歩道とか共有の広場はまだ砂利で未完成。完成したら素敵になることうけあいです。どこも3階建てのtriplex。トルコは日本の二倍の国土があるのに意外と一戸建ては少ないです。完全な一戸建ては田舎の家かお金持ちの家か。アパートやマンションが多いです。そこへ早めに越したそうなので、ご近所さんは少なかったです。
その晩はお魚がメインでした。そういや今回トルコに来て魚食べるの初めてだわ、と気付く。私はナイフとフォークで魚を綺麗に食べれません。やっぱ箸じゃないと。
その新しいおうち、伺ったのは初めてだったので、色々見せてもらいました。キッチンはセミオープンタイプでダイニングと繋がってて使いやすい。サロンの窓はこの内陸地方ではありえないほど大きい一枚ガラス。割ったら高そう、冬は寒そう、なんて貧乏人の考えはいらないみたい、この家では。3階は娘さんの部屋で屋根裏みたいで素敵でした。だけど毎日3階と1階を上り下りするのはしんどうそう~。
この日、カメラを持っていかなかったことを激しく後悔。

次の日の早朝、結婚してチョルムという街にいる姪っ子Uから連絡が。
「今日の夕方あなたたちに会いにそっち(義姉の家)に行くから!」
突然の知らせに喜ぶ義姉と私。姪っ子と生まれた赤ちゃんヤームルには今回会えないと思っていただけに嬉しさ倍増。夕方、彼女と赤ちゃんの到着を待つ。

             

                                                          つづく



                         
[PR]
by eriko621 | 2008-04-22 20:51 |
ススル、久々登場
皆さんお待たせいたしました。久しぶりにススルの登場です。
(いや、別に待ってないかな)

ススルの面倒を見てくれている義姉一家。その息子(相方の甥っ子)が新しい携帯電話を買ったので、ススルの写真を撮って送ってくれました。
なんと甥っ子、6万近くする携帯を買ったようです。携帯に6万、バブリ~。
それまで彼らの家にデジカメがなかったので、自分のデジカメ置いてこりゃ良かったと後悔。新しいのプレゼントしようかなと考えてました。でも国際郵便でデジカメを送るのがちょっと怖い。壊れそう&没収されそうで。

とにかくその最新(?)携帯で写真とビデオを撮って送ってくれました。義姉んちの庭でポーズ。
b0049218_17203520.jpg

b0049218_1721113.jpg

b0049218_17212030.jpg
ペロッとカメラ目線。最新なのに画像がもひとつか。こんなもんかなぁ。
だけどススルの元気な姿が見れてほんとに嬉しい。甥っ子と義姉に感謝です。
やっぱりススルって体の大きさに対して耳が大きいなぁ。なんかキツネみたい。

今度はどんな写真送ってくれるかな、と今から楽しみにしてます。便利な世の中にも感謝。
[PR]
by eriko621 | 2007-11-02 17:32 |
不細工ショット
のんび~り、のら~り、くら~り。
今日も午後のお昼寝タイムだよ。誰のって?もちろんススルの。
b0049218_3254433.jpg
毎度おなじみ、眠りに入る直前のぶさいくな顔。本人眠ってる?だけど目が半開き。

も一枚、ドあっぷでどうぞー。
b0049218_3265621.jpg
これは最強ぶさいくショットだわ。これも眠ってるんですよ実は。目開きすぎやでしかし。口までポカーンと開けちゃって・・・。
でもこれ何回見ても笑っちゃうわ~。えぇヒドイ飼い主ですとも。

b0049218_3315781.jpg
寝顔を撮ろうとするのがあまりにうっとうしかったのか、プイと背中向けられちゃいました。
ごめんよ、ススル。



[PR]
by eriko621 | 2006-05-24 03:38 |
和み
今週は色々あって何から書いていいのか分からな~い。そうこうしてるうちに、書こうと思ってたネタも、「書くほどのことはないんじゃね・・・?」と考えてしまい、没ネタと化してしまってます。

仕方ないから、犬でものっけとこー。
ススルは最近、腕の中に頭突っ込むのがお気に入り。こうやってわきの下から覗いてくるんです。ごはん食べてるときなんか、その至近距離から、「僕も欲しい~~!」光線をバチバチ出してくるんです。参った。
b0049218_4424529.jpg

b0049218_4431792.jpg

でもこの隙間からちょこんと覗いてくる感じが何とも可愛い。はい、親ばかですいません。
[PR]
by eriko621 | 2006-05-12 04:45 |
相変わらず
b0049218_17191835.jpg二ヶ月ぶりに会ったススル。全然変わってませんでした。ちょっとは大きくなってるかなって思ってたんですけど、このサイズが彼の成犬サイズのようです。もうすぐ一歳(推定)だし、そりゃそうか。面倒を見てくれた義姉一家に感謝です。
久しぶりに会った当初、ススルの中で私のポジションは明らかに下がっていました。そして当然のことながら義姉一家と相方のポジは上がっていました。ううむ、二ヶ月間面倒を見ていなかったのはやはり大きい。
これから少しずつ信頼回復(?)していくしかないです。

b0049218_17221818.jpg

昨日、4月23日はトルコのこどもの日でした。姪っ子と甥っ子が誘ってくるので、ススルも連れて、しょうがなしに行ってきました。近くのグラウンドにわらわらと子供が集まって何かお披露目しています。私には何がしたいのかさっぱり分かりませんでしたが、後でニュースで見ると、大きな街では、子供たちによる大規模なマスゲームが行われ、それなりに見れる催しをしていました。
でもこのウルギュップときたら。田舎だからか、全く統制が取れておらず、ぐだぐだでした。

ススルは子供たちがたたく太鼓の音に終始びびり倒し、人の多さにも慣れていないからか、落ち着きなくどこへやらに逃げようとしてました。相変わらずヘタレです。

そして、このこどもの日。昨年トルコにやってきた日もこどもの日でした。ちょうど一年たちました。二年目に突入です。

どうしましょ、ブログのタイトル・・・。
[PR]
by eriko621 | 2006-04-24 17:43 |
雪が積もってワンは喜ぶ
b0049218_928340.jpg

あのぉ、それ、昨日買ったばかりなんすけど。。。おもちゃ=噛む、食いちぎる、の法則。
勘弁して!
b0049218_9311528.jpg

夜のお散歩ススル。見て分かると思いますが今日はさらに雪が積もりました。朝なんて若干吹雪いてたしな・・・。
ススルはふかふか積もった雪の感触が好きなのか、走り回ろうとして私を引っ張ります。勘弁して!ススル半分埋まってるやん。

今、日本では大雪がかなり問題になっているようですが(あ、あとライブドア・・・)トルコも負けていません。雪のせいでスリップ事故が多発しているようです。車を運転される方、どうぞお気をつけください。

私はずっと関西で育ったので、雪国の大変さは知りません。母親は雪国出身でして、「もう二度と雪国には住みたくない」とぼやいていました。まさかその娘が雪国に住むことになろうとは。
今朝はちゃんと外の階段の雪かきをしました。以前雪かきを怠ったら、階段が凍って危険だったのです。
大変なんだなぁ、寒いところで暮らすって。。。
[PR]
by eriko621 | 2006-01-24 09:47 |
老犬?
b0049218_07685.jpg

眠いなら寝転がったらいいのにね。頑張って起きようとしているのかな。
まるで老犬のような顔が面白くてパシャリ。

ススル、義姉の家にて。
[PR]
by eriko621 | 2006-01-23 00:14 |
彼は真剣
「ウ~ウ~」とススルの唸る声が聞こえて行って見たら。
友人にもらったカエルの置物を威嚇しているではないか。危険を感じたんだろうか。

で、ヒドイ飼い主、それを使って遊んでみました。
b0049218_2043266.jpg

一応、少し離れて威嚇。相方がこのカエルの置物を動かしたらススルもそれに合わせて吼える吼える。いや、だから、置物だってば。

b0049218_20433555.jpg

後ろに下がりつつ攻撃(?)。動きが早すぎてカメラでおさえることができない。
ススル、かなりガードがきついようです。それではこの頑丈なカエル君を倒すことはできまい。攻めは最大の防御!


ところが・・・・しばらくしたら、置物と認識したようで、フンって感じで知らんぷりされました。ははー、学習しおった。

この前は義姉の家にあるスリッパ、犬のぬいぐるみとスリッパが一体化したようなもの、にウ~ウ~唸ってたし。
まわりから見ると笑えて仕方ないんだけど、彼は真剣そのもの。迫りくる危険から身を守ろうと必死なのでした。
[PR]
by eriko621 | 2006-01-19 20:46 |
いたって普通
みなさん、ススルのほうですが、いたって普通、ほんとにたいしたこと無かったみたいです。

ほら
b0049218_0253853.jpg

いつもどおりの眠そうな顔。ちょっと裂けてた耳の傷口も今ではどこにあるのか見つけにくい。
恐るべき回復力。子犬だから?それとも接着剤のような薬のおかげ?
この小さな傷に、私たちがどれだけ焦ったことか。

血が止まらなかったのがびびった原因なんですけどね。洗った後も流れ続ける、それにわんこお得意の顔フリフリ(水を跳ね飛ばすための、アレ)のせいで、お風呂はあちこち血痕でいっぱい。この小さな傷がまるでホラー映画のようなとんでもない惨状を作り出してました。
えぇ、あとで必死にお掃除ですよ。

ともあれ、ばい菌も入らなかったみたいだし、めでたしめでたし。
無意味に御心配おかけしました。

お詫びに美川憲一も真っ青、三白眼なススルでも見て笑ってやってください。
b0049218_0404423.jpg

何見てんのよ! ってね。
[PR]
by eriko621 | 2006-01-16 00:43 |
事件勃発
ススル、毎日のんびり過ごしていると書いた矢先、事件が起こりました。
義姉と姪っ子がうちに泊まっていたのですが、義姉が朝、仕事に行くときにススルも一緒に外に出たようで、しばらくして戻ってきてびっくり。

玄関前は血のあとでいっぱい。皆で動揺、一体どうした?!

注意・痛々しいです。
[PR]
by eriko621 | 2006-01-13 03:29 |