ぼちぼち
by eriko621
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:旅( 26 )
日帰り嵐山
b0049218_1191443.jpg

3連休初日に友達の提案で嵐山に行くことに。秋の紅葉でもなく、新緑というわけでもなく。
でも人が少なくてよかったです。以前紅葉シーズンに訪れた時はものすごい人ごみで、全然もみじを楽しめなかった気がします。
まだまだ残暑が厳しいけれど、楽しんできました。
着いて早々、渡月橋をわたってすぐのところにある嵐山で有名なピスタチオのジェラートを食べ、(何やらジェラート選手権みたいなので世界3位を取ったらしいです)涼しい竹林を抜けトロッコ列車に乗り、また戻っておばんざい、胡麻豆腐やら生麩のあるランチを食べ、お茶をして川眺めてだらだらとおしゃべりし。
b0049218_1193866.jpg

お土産(自分たち用)にお漬物と八橋の珈琲味を買い求め。漬物は味見が出来るんですが、相方が山芋の梅味の漬物がえらく気に入ったようで、「めっちゃ旨い。口の中でなんか溶けるみたい」と言っていました。てことで茄子と大根の漬物と一緒に買いました。
あぁ、そういや山芋というものを食卓に出したことなかったっけなぁと思い、翌日山芋を買ってみました。生の山芋を短冊切りにして醤油と柚子胡椒をかけて出すと案の定ものすごく気に入ってました。「これ、パタテス(芋)の仲間だよ」というと驚いた様子でした。お芋ってことでいいんですよねぇ?山芋のトルコ語なんて知らない。
嵐山には中学生の校外学習か何かでも日帰りで行きましたが、あんまり覚えてないんだな、これが。天竜寺はこの時と紅葉見に行った時の過去2回訪れたかな。


ピスタチオのジェラートはかなり濃厚でした。はっきり言うと私はもう少しあっさりしててもいいかなと思いました。(世界3位にケチつけてすいませんっ)ピスタチオに馴染みのあるトルコじゃ珍しさゼロなので相方は珈琲牛乳ジェラートにしてました。

最後に。桂川沿いのベンチでぼーっと座ってたら、犬の散歩の仕方が面白かったので思わず撮りました。わんちゃん、気持ちよさそうでした~。
b0049218_118133.jpg


嵐山は日帰りでさくっと散策できるからいいですね。
[PR]
by eriko621 | 2010-09-22 01:28 |
浅草 とか

b0049218_20303417.jpg

クリックすると少し大きい写真が見れます。

日があいてしまいました。ちょっと前の日記をいまさらアップ。ディズニー行った翌日は友人と浅草に行くことにしました。
浅草はほんと外人だらけですねぇ。
仲見世通で買い食いしつつぷらっと観光してきました。途中芋ようかんを買ったところで
「食べ歩きは禁止だから」といわれましたが、そうなんですか?手焼きせんべいとかたい焼きとか明らかにその場で食べる用だろっていう包装しかしてくれませんでしたけど。
煙をかけたところが良くなるっていうことなので、頭にいっぱいかけときました。
中でひいたおみくじが二人して大吉でした。あんまり大吉が出るとほぼ大吉なんじゃないかって思いますね。でもここは凶も出るらしいので、ラッキーでした。ま、凶が出たらこんなもん当たるかいっ!って結んですぐ忘れるんですけど。

そこから秋葉原に行き、コスプレ集団でも写真撮りたいと思いきや、全然いませんでした。客引きのメイドくらいでした。あと、何やらアイドルのCDだか何だかを手に入れるため、すんごい人が並んでいるところも少々異様でした。アイドル自ら手渡しするようでした。熱気むんむんで並ぶオタク風な人々をここへきた外国人たちはどう見たんでしょうか。

渋谷に戻り、クリスピークリームでドーナツをテイクアウトし、夜はもう1人増えて3人でもんじゃを食べに行きました。この3人、全員関東出身ではないのでもんじゃ屋のお好み焼きはやめとこうと嫌味を言いつつ、もんじゃをつつきました。駄菓子屋の横で始めたのが広まったというだけあり、おやつのような食べ物ですね。でもこういう焦げ目が一番おいしい。チーズとかパウンドケーキの端っことか。
b0049218_2052128.jpg


この友人、かなり体育会系で東京タワーを階段で上り降りしたらしいです。階段で行った人にはおめでとうの証書をくれるらしいです。友人曰く「上りより降りのほうがきつい」らしいです。ひざが笑うって。私は無理だと前日に断っておいたので実行はしませんでした。私にできるかなぁー。

ベターなことしてなかなか楽しい東京滞在となりました。
[PR]
by eriko621 | 2009-08-03 21:32 |
TDL
b0049218_151217.jpg

結婚式の翌日、妹とディズニーランドにも行ってきました。パックで予約したものに1デーチケットも含まれていたので。

でもあんまりやる気のない私らはゆっくりホテル出て、10時半くらいに到着。すでに中は人でいっぱいでした。3連休の中日なんで予想はしていたけれど。適当に中入って、並ばずにいけるところへ流れていきました。だらだらした後、ファストパスとりにこーと思ってチケット差し込むと、もう4時半過ぎとかのが出てきたので断念。妹のフライトの関係で5時にはランドを出る予定だったので。
そんなこんなで目玉のアトラクション(スプラッシュマウンテンとかホーンテッドマンション、プーさんのハニーハント他)には一個も乗れず。120分待ちなんて表示見た瞬間Uターンの根性なし姉妹。日差しも暑くてやる気なし度マックス。
でも写真だけはちょいちょい撮っておくことに。
b0049218_0574827.jpg

パレードも夜のきらびやかなものでは無いけど見れたので良かったです。アトラクション乗れなくてもパレード見れたらそれで満足かも、ってくらいやっぱり素敵。

妹はお土産を買い込み、私は友達と相方用にチョコを買いました。

そしてランドを後にし、妹はANAバスに乗り羽田へ、肩が日焼けでひりひりしながら私は東京に住む友人と会うため中目黒へ移動しました。
中目黒のホルモン屋で食べ飲み、その後場所変えてまた飲み直し。久しぶりに会う友人と楽しいひと時を過ごしました。


続く
[PR]
by eriko621 | 2009-07-28 01:27 |
まだ引きずる
昔の写真、まだ続きます。要するに最近のネタが無いということと、日記に載せておいて記録しておきたいのです。
ヨーロッパ3カ国一人旅の写真です。この時はトルコから飛びました。10日間も無かったかなー。何せ一人だったんで、寂しかった寂しかった。ご飯もわけっこ出来ないし。
イスタンブールから飛んでドイツのフランクフルトに入りました。旅程はもう覚えてないです。列車でドイツのケルン行ってそこからベルギー行ってオランダに行ったと思います。適当ー。
まずケルンの大聖堂。上部の塔が修復中でした。
b0049218_20493496.jpg
すごく重厚なゴシック様式ですねー。やっぱ歴史があるから重みがあります。こんなのを日本でマネして(しかもミニサイズ)造ってもハリボテ感、セットのような感じが否めないのよね~。
b0049218_205387.jpg


この時はユーレイルパスを持っていなかったので、移動は割高だったと思います。いつかユーレイルパス買ってぐるっと周遊してみたいです。

More
[PR]
by eriko621 | 2009-04-06 22:32 |
~ベトナム編~
昔の写真シリーズ、今回はベトナムです。ベトナムへは学生の頃同じ友人と2回行きました。
一回目はホーチミンとフエ、ハノイでちょこっと滞在。メコン川クルーズとか行って、ベトナム雑貨買いまくり、ベトナム料理食べ歩きの旅でした。
2回目はハノイを拠点として、ハーロン湾クルーズ、ベトナム北部にあるサパという山間の村へ行きました。そこには少数民族がいて、素敵な民族衣装を着た女性が普通にいました。その2回目のときの写真です。
(一回目のベトナム旅行の写真はデジタルじゃなかったようです)
初めて行った時に騒がしいホーチミンよりしっとり落ち着いたハノイの雰囲気のほうが気に入ったので2回目はハノイ中心で。市民の憩いの場、ホアンキエム湖で私たちもベトナム人にまぎれて憩ってました。(要するに観光に疲れてボーっとベンチで休む)

b0049218_1801373.jpg

この素敵な民族衣装といったら。テンション上がって買って帰ったけど、日本じゃまぁ~着ないですね。箪笥の肥やし。サパというこの村は棚田が美しく、霧が山間を通り抜けていく様が幻想的でした。写真からして行った時期は雨季だったのかも。稲の収穫時期はこれより格段と綺麗なんだと思います。
b0049218_18215695.jpg

b0049218_1802854.jpg

ハーロン湾は世界遺産としても有名ですが、昔と比べてずいぶん汚れてしまったようです。昔に来たことがあると言う外国人がそう言ってました。
二回も行っておいてベトナム語はカモォンとゴォンとシンチャオしか覚えてません。
その頃のベトナムドンはゼロが多くて円を両替すると円が強いのもあって、すごい札束がもらえました。まるでかつてのトルコのようなお札でした。それに慣れるまで○○ドンがだいたい何円かを把握するのが大変でした。空港から市内までのタクシーではボラれてしまったし。今となってはいい勉強代だったと思いますが。

この後の旅行では陸路でハノイから中国の昆明に向かいました。初、列車で国境越え。でも中国の大きさに驚いたというか、寝台列車の遅さに驚いたというか、めちゃめちゃ時間かかりました。翌日の明朝に駅に着くと思っていそいそ降りる準備してたのに、しっかり時刻表を調べて驚愕。私たちが降りると思っていた時間の1日後でした。24時間も勘違いしてた私たちも私たちだけど、そんなに列車は遅い、いや、そんなに中国は大きいんかーって改めて感じた出来事でした。
その昆明から桂林クルーズして、そん時は昆明から飛行機で上海まで行ったかと。ちょっとあやふやだ~。
でもま、中国の写真はあまり面白くないので載せません。ベタな石林観光とか断崖絶壁のとこ行ったり、もう名前も覚えてません。上海も適当に有名どころを観光して。
そして上海から船で神戸に帰るという過酷なルートを使いました。ザ・暇な学生の貧乏旅行ってとこですかね。ちなみに船は二日かかりました。船酔いも最初の山を超えると慣れてました。いつもは車酔いとかは私のほうがひどいんですが、その時は友人のほうが辛そうでした。船の中で出来た友達もいたりして、船での帰国もなかなかいい思い出です。


もっかいやれって言われたら絶対断るけど。
[PR]
by eriko621 | 2009-04-03 19:08 |
思ひ出旅行~ギリシャ編~
昔の写真データがひょっこりでてきたので載せます。このとき(2002年9月)はブログもあまり一般的では無かったなぁ。久しぶりの写真をぼーっと見てまたギリシャに思いを馳せてます。ギリシャって言ってもアテネとミコノス島しか観光してないけど。写真多いから細切れ写真でどーぞ。クリックすると少し大きめ写真が見れます。それにしても学生時代が懐かしいわぁ。
b0049218_14411264.jpg
b0049218_14411389.jpg

b0049218_1441485.jpg

ミコノス島は青い空と青い海に白い壁がとても映える素敵なところでした。嘘やんってくらいどこもかしこも絵になる。行って初めて気付いたのは、ゲイやレズビアンといった同性愛者の集まる島だということ。
ガイドブックにばっちり書いてたのに、行って初めて読んで納得。どーりで同姓同士がラブラブ歩いてるわけだ。夜のバーやクラブ前には無理あるオネェが結構いました。
b0049218_1573742.jpg

アテネではパルテノン神殿にも行ったんだけど、修復中だわ、大雨に降られるやらで、あまり写真は撮れず。アテネは微妙だなっていう印象。夜は物騒な雰囲気だったし。博物館いったり丘の上にケーブルカー乗って行って観光。
b0049218_15142810.jpg

市場もちらっと覗きました。こうしてみるとトルコと売ってるものはたいして変わんないなー。お肉売り場じゃ豚肉も売ってるんだろうけど。
b0049218_15132663.jpg

いつか夫婦で行きたいものです。もし行くなら次はサントリーニ島だな。

第一弾はギリシャでした。次はベトナムに飛びまーす。
[PR]
by eriko621 | 2009-04-02 18:39 |
伯方島旅行最終日
なんだか早くアップしないと他のものがネタ落ちしそうになるので更新します。
2泊3日の伯方島旅行も最終日。本当にあっというまで、だけど濃密で楽しいお盆となりました。
最終日はまず車で観光して、その後家に戻り、荷物を車に積み込み伯方島を後にしました。
観光したのはここ。伯方島の南、大島にある今治市 村上水軍博物館。私たちの習ってきた歴史は地上の歴史。水軍、海賊の覇権争いの歴史はあまり習ってなかったような・・・。私が忘れてしまっただけかもしれませんが。
そこで一番面白かったのは、潮流体験でした。船に乗ってこの海域の潮の流れを体験するというもの。自然が創り出す天然の防壁だったようです。今はモーターのついた船でガーッと進めますが、昔は手漕ぎだったんだから、当然突破するのは困難だったでしょう。
b0049218_1435372.jpg
潮流体験の後、噂の塩ソフトを食べ、お土産に伯方のハーブソルトと塩羊羹を買いました。
その後、荷詰めをしておじちゃんおばちゃんに別れの挨拶。本当に楽しい時間をありがとうございました。って言っても、ようこの実家は神戸なので、近いんですけどね。
帰りももちろん橋を通ります。建築素人の私が見ても圧巻!この景色を見る為だけに橋を渡る人もいそうですね。写真はおっさん撮影。建築の仕事してる子にはたまらん景色でしょうな。
b0049218_1511232.jpg


帰りのサービスエリアで2台の車が落ち合い、みんなでメッセージをハガキに寄せ書きしました。それを郵便で送り、またみんなでお酒を贈ることにしました。
来年も呼んでもらえるように、みんないい子にしてましょう!お疲れっしたーー。
[PR]
by eriko621 | 2008-08-23 15:09 |
伯方島旅行2日目~その他もろもろ編~
普通の水着だけで一日中海にいると日焼けで大変なことになるということで、海に行く前に近所のスーパーで長袖の服を買いました。もう、安くて長袖なら何でもいいわぃ、と思いつつ、ついマシなデザインのものはないかと選んでしまいます。田舎のスーパーに求めすぎだろって話なんですけど。やっぱダサすぎていくら千円とはいえ買えない!って退散しようとしたところで、黒色のエスニック調の長袖服発見。それを水着の上に羽織ってたので日焼けはだいぶマシだったように思います。なんとこの町の名前は有津という名前。こう書いてあろうずと読みます。
あの某ショップと名前が同じということで(某って書く必要ないか)、これ、あろーずで買ったのよー、なんて冗談を言っていました。ちょっとイントネーションが違いますけど。

夕方、全員ウェイクを終えた後、みんなで記念撮影。
b0049218_0474587.jpg


家に戻ってから順々にシャワーをあび、一人10分計算でも2時間くらいかかりました。
ふーっと一息ついた後、おばちゃんがまたも色々手料理を作ってくれました。自分達でもバーベキューの残りものを調理していただきました。結構食べてた気がするのに、海では想像以上に体力を使うのか、不思議とお腹が減るのです。その後はもう、前の日と同じように寝る者、起きて話をする者いろいろ。でも最後のお楽しみの花火。ただの手持ち花火だけどこれをはずしては夏が終わった気がしません。
寝ていた子をたたき起して民家の少ない近くの広場へ移動して花火を。相方は疲れがピークに達したのか「シィズ ギディン、ベン ヤトゥヨルム(行ってきて、私は寝てるから)」と声かけても全く起きませんでした。
CDプレーヤーも持っていって、皆お酒も入ってるからやや陶酔状態(?)。↓ぶれて亡霊みたいになってるし。音楽かかって踊る人々。この日のダンスクイーンはダントツKとり。
b0049218_114565.jpg


この日も濃厚で、疲れました。でも楽しいことした後の疲れは気持ちいい。ぐっすり眠って気付いたら朝になってました。
[PR]
by eriko621 | 2008-08-23 01:13 |
伯方島旅行2日目~ウェイクボード編~
バーベキューもそこそこにウェイク第二陣として船に乗り込みました。船の操縦はなんとようこが。
あ、あんしゃん、船の免許も持ってるんかいって驚きました。何でもできる女、ようこ。恐るべし。
私はこんなスポーツとは無縁の世界で生きてきたので、(スキーはしたことあってもスノボすらしたことない時代遅れっぷり)できるか不安でした。というか、結論 みんなだいたい出来てた(立てた)のに私は出来ませんでした、笑。
なので、ここでは上手にできた友達の写真&動画でお送りいたします。
ようこの弟であるりょうくんは無論、上手でした。ジャンプとかしてたもん。ほっんとスポーツ万能姉弟で。
船を操縦するようこ
b0049218_21195474.jpg
かっこよすぎる・・・。私はチャリンコの操縦でもたまによろっとするというのに。
そして初めてなのにすぐに上手く立ったハリちゃん。
b0049218_21215791.jpg
動画のせようと思ったけど終始横向きで、動画の向き変更の仕方が分からないので写真だけ。船に戻ると産まれ立ての小鹿のように疲労でよろめいてました。いやほんと、普段使わない筋肉を猛烈に使うんで、終わった直後から筋肉痛でして。

b0049218_21292690.jpg相方も立ちそうで立てないっていうのが何回も続いて、もうやっぱ出来ないって思ってるところで最後に立てました。へっぴり腰で。しかもほんの何秒かだけ。
船に戻ると、もう少し練習したら出来るよって強がってましたが。
する前はジャンプするだのショウしてあげるだの自分でハードル上げといてこんだけかぃ、ってみんなに突っ込まれてました。


そして本ブログ初の動画のアップ。画質悪いですけど。最初横向きですけど。どうしても動画を載せたかったんです。ご覧アレ。

最後のドボンすらかっこよく見えます。勝利のドボン。(なんか意味分からんけど)

友達の彼女も一回で立てたのに、私はどうしても立てなかったです。運動オンチ略してウンチの正体がばれてしまいました。言い訳するとね、私、左半身と右半身のバランス悪くなってしまったのよ。手術後から。だからしゃーないわって自分をなだめてました。悲すぃー。イメトレの効果なしでした。スノボしてたら、もうちょっとましだったかな?出来なかったくせに、いっちょまえに筋肉痛だけはしっかりありました。いらない置き土産です。

さらに、ようこの親戚も違う船でウェイクしてたんですが、その船の方たちの滑りは半端じゃなかったです。だって子どもと一緒だったんです。驚愕でした。私は普通でも立てないのに、子どもおぶってするってどんだけバランス感覚優れてるんだ?!それに子どもも勇気あるぅ。たくましい子だわ。
b0049218_22132566.jpg

とにかく、自分は立てなかったものの、船に乗っているだけで、みんなのウェイクを見ているだけで本当に楽しかったです。
夕方になってくるとどんどん潮が引いて浅くなってしまったので、砂浜からはだいぶ遠いところで船を廻していました。ガソリンが切れそうなところで切り上げ、人生初のウェイク体験は終了しました。


二日目は濃厚でした。よって続きます。
[PR]
by eriko621 | 2008-08-20 22:21 |
伯方島旅行2日目~豪華バーベキュー編~
2日目ーー!朝7時に起床。ようこママの朝ごはん作りを女子みんなでお手伝い(っていうか自分たちの朝食くらい自分でしろって?)。
かぼちゃのポタージュスープが美味しかった♪
買出しも済ませ、大量の酒が家に運ばれてくる。おいおい、これ3日で飲む量か?っていうくらい缶ビールモリモリで。
b0049218_2214684.jpg
下湯でされたタコ、これがまた美味しかった

お昼はバーべキューなので、その下準備なんかもして昼頃出発。車で家からちょっと行った浜で誰もいなくてまさにプライベートビーチ状態。
b0049218_20554997.jpgそこに上からおっきなブルーシーツを屋根のように張り、休憩処の出来上がり!なんていうか、ようこの家族・親戚はアウトドアに手馴れてました。うちは全然こんなんじゃなかったなぁ。島育ちってなんか憧れちゃう。

ようこの親戚が小さな船を持っていて、浜まで寄せてくれ、この旅一番のビッグイベントウェイクボード体験。第一陣が楽しんでいる間、バーベキュー準備。今回このバーベキューの為におじちゃんおばちゃんが買っておいてくれた瀬戸貝とサザエ。
b0049218_21241940.jpg
瀬戸貝はムール貝とは比べ物にならないくらい巨大でした。これにちょっと醤油をたらして食べたらもう最高!ジューシーで旨い!ただの貝だと思って侮っていました。サイズもサイズなので2,3個食べたら飲み物もあるわでなんだかお腹がすぐ膨れます。
相方もこの瀬戸貝をすごく気に入ったようで何個も食べてました。個人的にもサザエより瀬戸貝のほうが美味しいと思いました。
ウェイク第一陣が戻ってきてから本格バーベキュー開始。
おじちゃんがすんごいもてなし上手で、ずっと焼くのに徹してくれて「エリコ、これ食べたか?」って皆に対して娘、息子みたいに呼んでいました。相方もこの家族はトルコ人みたいだって終始言っていました。(相方の中で日本人のイメージどんなんやったん?とは思ったけど・・・)とにかくもてなしのプロでした。
b0049218_228959.jpg
タコ切り職人オッサン

タコをぶつ切りにして醤油に漬けて焼くとこれまた最高でして。焼く前の醤油に漬けた段階でもかなり美味。みんなビールのお供につまみ食いしてました。

このへんでウェイク第二陣として相方と私は船に乗りました。


つづきます。
[PR]
by eriko621 | 2008-08-18 22:57 |