ぼちぼち
by eriko621
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
日本の日常
お菓子
小麦遊び


風景
手作り
映画・本・ドラマ

トルコ小話
結婚・手続き関連
料理・食べ物
トルコの日常
家族
渡土日記
ひとりごと
自己紹介ぽいもの
はじめに
娘ちゃん
以前の記事
2015年 03月
2014年 04月
2013年 05月
2012年 10月
2012年 08月
more...
ブログパーツ
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

バジルペースト
b0049218_16464240.jpg

ベランダに二株のバジルを植えたら、もさもさ大きくなり、花が咲き始めたので収穫しました。これを使ってバジルペースト、ジェノベーゼソースを作りました。
松の実じゃなく、アーモンドで。オリーブオイル、にんにく、粉チーズ、マジックソルト入れてブレンダーで粉砕。
あのふさふさな量が、ジャムの小瓶一個分になりました。

b0049218_16464380.jpg
これをパスタとか白身魚のソースに使います。ポテトと和えてもいいかな。こういう保存食風のもの作るの好きです。これくらい少量ならすぐなくなりそう。
美味しかったら来年も植えよう〜っと。
[PR]
# by eriko621 | 2011-08-02 16:18 | 料理・食べ物
安道名津買っちゃった
仁先生考案 安道名津。
ドラマ仁で出てきたドーナツのことです。普通に美味しそうだなと思って見てたらさっそく商品化されましたね。見た時に実際商品化しやすいだろなと思ってた。
なんせ華麗なる一族やってた時に、言葉もじって華麗なるカレーパンて発売してたもん。何にもドラマとは関係ないのに。
b0049218_1654527.jpg


味は素朴な生地に餡子が合ってて美味しかったです(*^_^*)餡子好きにもってこいのドーナツ。
また買うかも〜。

気付いたら5月更新してなかったので、ちょこっとあげてみた。
[PR]
# by eriko621 | 2011-05-27 16:38 | お菓子
在留期間の更新手続き
大震災の騒動の中、相方のビザの更新が完了しました。7日に期間切れのところ3日に手続きをしに行ったので、結構ギリギリでした。
以下今後の自分用メモ、その他日本移住を考えておられる国際カップルの方へ参考になれば。

在留期間の許可申請

こちらはもちろん、在留許可が既に下りている方向けですが。
申請書や身元保証書はこのページからPDF形式でダウンロード出来るので、いちいち入管に用紙を取りに行く必要もありません。
在留許可の申請書類が活動内容によって違います。うちの場合は「永住者の配偶者等」ここに必要書類が載ってます。
それを役所に行って事前に揃えるだけです。やってみるとビザの更新もチョロいもんです。やる前はめんどくさ~と腰が重いんですけど。
また、最長5年更新が出来るようになるのは来年7月から?みたいなことを相談窓口のおじさんが言っていました。(現在のマックスが3年更新まで)ってことで、今回も相方のビザは3年更新。もう永住権申請したほうが後々楽なのかもしれませんが、そこまで日本にずっと住みたい、という思い入れも無い人なので日本の入管の手間を煩わせるのもなぁと思いまして永住権の申請はしていません。

そしてハガキが2週間もしないうちに届きました。ここまでは私が手伝い、あとは相方一人でそのハガキを持って入管へ行き更新完了、ついでにその時に再入国カードも購入させ、さらについでに中央区役所まで行かせて、外国人登録の変更登録にも行かせました。(電話でやいやい言って)
外国人登録に関しては、役所の方の反応や手ごたえからして、あまり厳しくなさそうです。してもしなくてもいいよ~的な。んなことは無いんだろうけど、変更登録が遅れたからって厳しく言われたことはありません。
ビザだと1日でも遅れて不法滞在になったら、何かしらの罰則があるんでしょうけど。

申請後にあの地震が起こり、関東では放射能騒動で在日外国人が帰国の途に着く為、そしてまた日本に戻ってこれるようにする為に再入国許可取得に長蛇の列が出来ている、というニュースが流れていました。
再入国許可を取らずに一度日本を出ると、それまで有していた在留資格、在留期間は消滅してしまいます。
私はこの騒動が治まるまで自分の国に一時帰ろうとするのは当然というか、別に悪い感情は抱きません。まるで有事の時には日本からさっさと逃げる、みたいな言い方をされている人もいますけど、日本人だって、外国でそういう場面に遭遇したら、帰国勧告を出すと思います。帰れる人は帰国しないさいって自分の国民の安全を図るのは当然というか。日本だって諸外国で何か問題があればすぐに外務省が注意喚起をします。
ただ、子どもを残して自分1人お国に帰る人がいるという新聞記事には驚きました。どこの国の人とは言いませんが、それは許せませんね。

さて、3年の更新が出来ました。3年後の日本、そして私たちはどうなっているでしょうかね。
[PR]
# by eriko621 | 2011-04-02 00:16 | 結婚・手続き関連
受付開始されました
まず、今回の東北関東大震災で亡くなられた方にご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災された方、そのご家族の方にお見舞い申し上げます。

3月14日より日本赤十字社のホームページより義援金の受付が開始されました。
こちらよりインターネット環境にあり、クレジットカードを持っている方は今すぐ募金できます。他、コンビニ、pay-easyなんかでも受け付けてもらえます。
物資の受付は行っていません。
昨日アクセスした時は、アクセスの集中のためか開きませんでした。今はもう大丈夫でした。

恐らく日本中で、世界中で自分に何が出来るか、考えておられる方がたくさんいらっしゃることでしょう。
遠く離れた海外にいて何も出来ずやきもきしている日本人もたくさんいると思いますが、私は同じ日本にいるのに、何も出来ずテレビの前で次々流れてくる悲惨なニュースをただただ見ています。

ニュースで流れる惨状と、今ここでのいつもの日常とのギャップが毎日の生活を居心地悪いものにしています。
何をしても、こんなときにこんなことしててもいいんだろうか、こんなときに自分のものなんて買っていいんだろうか。
でもそれでは日本中の経済が停滞してしまいます。東北関東が大変な今、関西、西日本が引っ張っていくくらいの気持ちでいないと、とある方が言っていました。それもそうだなあとは思うのですが、今は何をするにも楽しめる気持ちにはなりません。恐らく日本中がそんな気持ちだと思います。

この沈んだ悲しい気持ちをこうして文字にしていくと何だかとても安っぽいものになっていくような気がします。
これからのことを思うと不安だらけだという方も多数いるかと思いますが、亡くなられた方の分だけ生きぬくしかないのです。

「生きてたら何とかなる」

これが私が辛いときに思い起こす言葉です。

どうか希望を捨てないでください。
[PR]
# by eriko621 | 2011-03-17 00:33 | ひとりごと
ピアス収集
b0049218_21294494.jpg

私が唯一集めているというか、いくつも欲しくなるもの、それはピアスです。
耳にピアス穴は3つしかないんだけど、(軟骨にあけてた所はしばらく着けてなかったら塞がってた)ゆらゆら揺れるピアスに弱いです。

ぶらぶら歩いて可愛いお店を見つけました。flamingo craftというビーズや天然石パーツを扱うお店。
完成したアクセサリーも置いてて、中でもお手頃なものを買いました。あんなにパーツがあるとどう組み合わせたら可愛くなるのか分からなくなってしまいます。
こういう天然石パーツを売るお店、神戸だけでも結構増えた気がします。でも置いてある完成品のテイストが好みじゃないと入る気がしません。パワーストーンがブームってのもあるかもしれませんが、パワーストーンに興味は無いのでそういう店には入らないです。
石の力とか特に信じてないし、単に色とか形が可愛いかったらそれでいい。


指輪も(結婚指輪も)ネックレスも毎日つけないけど、ピアスは毎日つけます。
[PR]
# by eriko621 | 2011-03-02 22:06 | 日本の日常
整理整頓
最近メディアでよく聞く断捨離。捨てる罪悪感を少なくする言い訳なんじゃないのか?って感じもしますが、使わないものをいつまでも抱えておくよりいいのかもしれません。押入れ用収納ケースを買ってこの際、いるものいらないものを分けようと服を選別して捨てました。ま、ゴミ袋一袋分しか出ませんでしたけど。トルコに置いある服やモノは戻った頃にゃデザインが古いとかでいらなくなる可能性大。どんなものが残ってるのか全く覚えてないです。ってことはほとんどが思い入れの無いいらないモノ、なのかもしれません。
私たちは多分、モノが少ないほうです。2人っていうのもあるけど。
より分けた中でもトルコに帰る度に親族の誰かが必ずくれる、「手作りの編み物系小物」がたくさんありました。パティックという毛糸のルームシューズは冬場大活躍なんですが、ショールとかテーブルセンターとか使わないで置いてあるものが結構あったので、妹が来たときにこれいらない?と打診。
手作りなんで捨てにくいし、かといってここでは使わないし。
幸いこのショールは気に入って持って帰ってくれました。作ってくれた義姉たちに敬意を表してご紹介。
可愛らしいんだけどね、私はちょっと似合わないかなーと。
b0049218_165968.jpg

b0049218_171790.jpg

これが手作りってすごい。トルコの主婦はこんなのちょいちょいと作ってしまいます。

モノを捨てられないのはトルコの義姉たちも一緒で、家の中は使わないものだらけです。多分、田舎の人に多いのかもしれないですが、冬場を凌ぐ為に夏場貯めておくという生活スタイルが身に染みついてるんだと勝手に分析してます。あと、お金がある時にモノを買っておいて、使う時まで置いておく(隠しておく)、という私にはよく理解できない習慣もあります。これは多分、リラがよくインフレを起こして信用の薄かった時代から来てるのかなぁ。
義姉もかなりモッタイナイ精神が強いので、断捨離実行したら、大量のいらないモノが出そうです。
あ、母親もだった・・・。
[PR]
# by eriko621 | 2011-02-18 01:28 | 日本の日常