ぼちぼち
by eriko621
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
日本の日常
お菓子
小麦遊び


風景
手作り
映画・本・ドラマ

トルコ小話
結婚・手続き関連
料理・食べ物
トルコの日常
家族
渡土日記
ひとりごと
自己紹介ぽいもの
はじめに
娘ちゃん
以前の記事
2015年 03月
2014年 04月
2013年 05月
2012年 10月
2012年 08月
more...
ブログパーツ
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:美味しいもの ( 28 ) タグの人気記事
生姜シロップ
b0049218_19541932.jpg

ソニプラで気になっていたジンジャーシロップのミニサイズが売っていたので買ってみました。(ヴェーダヴィってやつ)
紅茶にちょっと入れたり、ヨーグルトにかけても美味しいです。
何より、ホットドリンクにすると、喉からぽかぽかしてきます。
冷え性にはもってこいですかね。
最近本屋さんに行っても、生姜関連の本が増えてて流行ってるそうです。永谷園でも生姜部ってやってますしね。
生姜って「食べる」っていうより「添える」程度の存在だったけど、これからもっと使っていこうと思います。

あとにんにくも健康、美容にいいと聞きますけど、毎日がっつりにんにく料理は食べれないです。何故なら臭いが気になるから。生姜なら臭わないし、毎日取り入れられそう~。

トルコでは5年ほど前は生の生姜はスーパーで売られてませんでしたが、最近は生の生姜が売られ始めています。zencefilという名です。かつて、生姜に似てると思って買ったものは生姜ではなくyer elması(地中のりんご)という名のキクイモでした・・・。名の通り、りんごみたいな味がするらしいけど、覚えてない。

b0049218_19593551.jpg参考までに、キクイモの画像をば。ね?生姜とそっくりでしょ。
こりゃ間違えるわ。

トルコの人たちは一体どうやって料理に使ってるんだろう?料理に生姜を使っている主婦なんて見たことが無いです。トルコ料理に生姜入りレシピなんてあったかなぁ~。浸透してくれないと、巷から消えちゃいそう。

このシロップが無くなったら、次は自分で作ろう。
[PR]
by eriko621 | 2011-02-12 20:06 | 日本の日常
小瓶探し
b0049218_22231870.jpg


欲しい乾燥ハーブを適当に買って裏を見たら2つ(オレガノ、ローレル)はトルコ産でした。
小袋に少量だけ入ってるのが嬉しい。安いし。
でも小瓶に移し変えたほうが良さそう。何かいい小瓶は無いもんでしょうか。やっぱり100均で探すかなー。

上に見えるのはシュトーレン。市販バリバリの。シュトーレン、作ろうかなぁと思ってレシピ見てたらめんどくさくなったのです。
クリスマスまで待てずに食べてしまいそうです・・・。気が向いたらアーモンドプードルがあるし作ろう~(と思ってるだけ)。
[PR]
by eriko621 | 2010-12-06 22:32 | 料理・食べ物
ごはん記録 とか
トルコ(イスラム世界)では犠牲祭で祝日のお休み、週末と合さって9連休という大型連休になったそうです。日本で言うところのお正月のようなおめでたい休みなので、大型連休に合わせてトルコ中の人が実家田舎に大移動したそうな。
犠牲祭では羊や牛を神様に捧げる行事があります。私は実際に屠殺場面を見たことが無いので、感想はいえませんが、できることなら見たくはないです。あちこちで動物たちの悲鳴が聞こえるみたいですが、これも聞いたことないんだなぁ。過去記事はこちら
絞めた後には分担で解体、部位ごとに分け合います。肉塊から「お肉」の状態になったものは頂いたことがあります。(捧げたお肉は近所の貧しい人に配ったり、親戚に分けたりします。)
うちは全然このお祭りとは無関係に過ぎていきました。でも気分を合わせてラム肉購入。
こちらいつものラムチョップ。バルサミコソースで。このレシピ美味しかったー!リピート決定であります。
b0049218_20511488.jpg


あと、タイのパッタイとベトナムのフォー(キット)。
いり卵を具にしてしまうのって面白い。あんまり美味しそうに見えないけど、まぁまぁ美味しかったよ。
b0049218_2057204.jpg


b0049218_2058222.jpg

このベトナムフォー、相方は残しました。こんなの初めてです。「ごめん、言っていい?全然美味しくない、なんか臭い」だそうで。
確かにタイ料理ベトナム料理って独特の匂いがあります。ニョクマムとかナンプラーのね。
タイやベトナムでご飯を食べてるときは全く気にならないのは鼻が匂いに麻痺してるからかね。現地で食べると美味しいんだけどなぁ、キットで作るものにはやっぱり限界ありかも。
とか言ってる人↑だけど、日本の納豆は今や好物な変な外人です。納豆の匂いには鼻が麻痺してるのか?


b0049218_2114485.jpg

最近よく買うラ・フランス。これ、めっちゃ美味しくない?芳醇って言葉の意味よくわかんないけど、使うならこの単語がぴったり、みたいな。日本の梨も好きだけど、これは香り高い甘み、って感じがする。
しかもそんなに高くないからえらい。トルコの梨も洋ナシが基本だけど、これとは全く別の味です。
さすがおふらんすを冠するだけのことはある。このラ・フランスは皮ごといけます。お試しあれ。


さらに、花梨が売っていたので、買ってみました。トルコ語でアイワ(ayva)。
それと同じだと思ったけど、切ったら別ものでした。google翻訳によると花梨もマルメロも→ayvaと出てくる。
でもayva→マルメロとなります。マルメロって何?何科の植物?
切ると種が瓜科みたいに縦にたくさん入ってます。

相方、トルコではayvaを生で食べていました。私も一口もらったことがありますけど、渋くて食べれなかったです。口中の水分持ってかれるって感じ。何が美味しくて食べてるんだろうって不思議でした。
日本では花梨をそのまま食べることはしないはずです。一体あれは何だったんだろう。。。
相方、一切れ食べて見て「ayvaじゃない、何やこれ」。こっちが聞きたい。花梨てayvaのことじゃ無かったのかなー。というわけで花梨の残りは蜂蜜漬けにしました。
花梨も香りはすごくいいんだけどなぁ。如何せんそのまま食べれないのです。
[PR]
by eriko621 | 2010-11-19 21:53 | 料理・食べ物
トルコ産マグロ
b0049218_0185561.jpg

こないだスーパーで見かけたトルコ産の本マグロのお刺身。思わず買っちゃった。
ニュースでも騒いでますが、世界で流通しているクロマグロの8割を日本で消費しているんですってね。クロマグロは高級で普段自分が食べているのは安いマグロだと思いますが。
トルコでもマグロ漁をしていますが、そのほとんどが日本へ輸出されているんだとか。おかけでトルコ在住日本人の方たちが新鮮なマグロが手に入らないと嘆いていました。なんだか変な話ですねー。本国で獲れているものが手に入りにくく、日本では普通に流通しているって。
トルコ人は刺身なんて食べないし、せいぜいトンバルーウ(ツナ、マグロのこと)の缶詰になるくらいかな。

二人でこれだけはちと物足りない。脂がのって大変美味しゅうございました。口の中で溶けましたもん。

More
[PR]
by eriko621 | 2010-03-19 00:47 | 料理・食べ物
やっぱ牛(ぎゅー)です
b0049218_0234940.jpg

肉じゃがは関西では、というか西日本(?)は牛肉で作るのが普通だと思います。

某大手レシピサイトなんかで肉じゃがレシピを検索すると出るわ出るわ、豚肉で肉じゃが。
肉じゃが=牛肉で作る、と思っていたので、関東風が豚肉で作ると知ったときにはえぇ~、と思ったものです。
しゃぶしゃぶだって牛肉オンリーだと思っていました。豚でしゃぶしゃぶするなら「豚しゃぶ」と言ってもらわないと困ります。

実際、牛肉の消費は江戸時代頃から上方で始まったようで、関西が牛肉を多く消費するのもうなずけます。
と言っても最近は、価格の面やブランド豚などの登場により(臭みが少ない、やわらかい等)関西でも豚肉の消費は増え続けている、というニュースを見たことがあります。

でもやっぱり肉じゃがはギューっしょ、ということで牛肉の薄切り肉で肉じゃが。というか豚なら相方が食べないので。

いつも市販のものを買っていたけどごぼうサラダを初めて作りました。
ごぼうのささがきって、えんぴつ削りみたいにやり方はいたって簡単なのに、やっていると、「うわ~、私、めっちゃ料理できる人みたい!」と思えてきます。ごぼうのささがきをしている風景って『お母さん』って感じがするのは私だけでしょうか。

奥に見えるのは、名古屋風手羽唐。あらびき黒胡椒と、黒七味が効いて久々のヒットでした。黒七味、大好きなスパイスのひとつです。
[PR]
by eriko621 | 2009-10-13 00:45 | 料理・食べ物
チキン南蛮
昨日寝るのが遅くて起きたのは昼過ぎ。週末はいつもこうなってしまう。そのしわ寄せが月曜に来る。
今も眠たくないのでこうして更新。
私はチキン南蛮が好き。今フットボールアワーがモスバーガーのチキン南蛮バーガーのCMをしている。
これは食べに行かないと、と思って今日の昼ごはん候補にあげる。相方はカレーが食べたかったらしく、ココ壱かモスかの勝負になった。私がジャンケンに勝てばモス、相方が勝てばココ壱ということに。
私の勝利。三宮にあるモスはセンターからちょっとはずれた所にある。それなのに今日は満席に近いほどお客さんがいた。
店員はチキン南蛮バーガーを推しているのか、変なニワトリをかたどった帽子をかぶっていた。いや、かぶせられていた。
私はライスを選んだ。ライスバーガーなんてほんと久しぶりに食べた。相方は焼肉のライスバーガー。
食べている最中からぼろぼろとライスが崩れてきて、包んでいる紙の隅には崩れたご飯の残骸が。パンにすりゃ良かった。
あと三ノ宮駅北側、二ノ宮あたりに港町マザーというチキン南蛮のレストランがある。チキン南蛮しかないわけじゃないけど、チキン南蛮がんばってます、みたいなお店。相方はチキン南蛮があまり好きじゃないので、1人か友人と一緒のときしか行かない。タルタルソースはもちろん、ドレッシングからデザートのプリンまで手作りでおいしくてお手ごろ価格。
携帯で撮った写真があったので載せておく。この画像が役立つときがくるなんて。これで確かハーフサイズ。
店内もこぎれいで可愛らしい。
b0049218_1451143.jpg
b0049218_1445841.jpg

チキン南蛮は宮崎県ではよく食べられると聞いた。もっと神戸にもチキン南蛮屋ができたらいいのに。

モスでお昼を食べた後はすぐ近くにあるサンマルクカフェでお茶をした。ここもちょっとはずれにあるだけあって、店内広々としていた。
そのままダイエーに向かおうと人気の少ないビル内を見る。すると今では珍しくなった文具屋があった。しかも結構広い。写真アルバムがダンボールに無造作に入れられ安売りされていた。2冊買う。結構立派な装丁でこの価格(450円)は他ではない。穴場文具屋を見つけた気がしてうれしい。閉店セールでないことを祈る。
三ノ宮駅の東側はあまり開拓が進んでいない。よって行くことも少ない。これからもうちょっと散策してもよさそうだと思った。
ダイエーで果物でも買おうと思って入ったが、結局何も買わずに出た。もうスイカは一口サイズにカットしたものしか売っていない。シーズン終わりかと思うと寂しくなった。夏にスイカ丸々一個を買ったとき、さすがに二人では食べきれないし冷蔵庫に入らないので、半分に切って実家へあげた。今年はスイカが安かったらしい。
この前は梨を箱買いした。それはすぐなくなった。相方はほんとに果物が好きで、欠かさないようにしている。

ダイエーを出た後、ジョーシンに行った。その道中、相方の知り合いだか何だかが「おぉ~!」と声をかけてきた。よく遊びに行くクラブでDJをしてるらしい。可愛らしい彼女を連れていた。私のことを奥さんと聞くと少し驚いた様子だった。その二人と別れ、名前なんていう人?と相方に聞くと覚えてない、という返答。それでよく友達って呼べるよなぁ~。相方は神戸に移り住んで早3年近く、私よりも顔が広い。
ジョーシンで買ったヘッドセットが壊れたので、代えてもらおうとした。が保証期間は1年だろうと思って持っていくと半年しか保証は無いらしく、1ヶ月遅かった。それなら半年の期間内のうちに無理やり壊して持って行ったろかいと思った。結局新しいのを買った。どうせ壊れるならと一番安い千円くらいのを。
ヘッドセットはもう何個買ったか分からない。どの商品も保証期間6ヶ月だったところを見るとこれは消耗品なんだろうか。使ってるのは主に相方。次壊したらもう買わない、のやり取りを何度したか。


家に戻ると牛乳と石鹸を買い忘れたことに気づいた。
[PR]
by eriko621 | 2009-09-07 02:59 | ひとりごと
5
b0049218_19113999.jpg
5と書いてるけど25になったわけではない。


誕生日ケーキを自分で作るほど気力が無いんで、ア・ラ・カンパーニュでケーキを買って帰った。
ホールケーキ買っても二人じゃ食べきれないし、ケーキとプリンっていうのも何だかわびしい絵面で。
プリンの容器はホーロー製で「5」と書かれてた。数字指定すりゃよかったかな。このプリンはケーキに興味ない相方の。
ちょっともらったけど、その辺のプリン専門を謳ってるお店より美味しかった。やるな。

ケーキってなんつうか、もうありがたみ無いんですよねぇ。この飽食にっぽんよ。昔は特別な日しか食べなかった気がする。自分、家族、友達の誕生日やクリスマスとか。手作りの焼き菓子は置いといて。
もう今はちょっとお茶しようと店入ると、じゃついでにとか何とか言ってケーキ頼んじゃったりする。

もちょっとケーキに特別感持たせる為に特別な日だけ食べようと思った。
そう言うと、普通の日なんてない、毎日が特別な日なのよ、なんて言う人が出てきそうだけど。

このブログもつらつらとしょうもないことを書き続けて長く続いてきた。
去年一昨年。3年前は検査入院しててそれどころじゃなかった。前日前祝いしたな確か。4年前はトルコでほのぼのと。2004年の誕生日の記録無し。
ブログっていい日記ツールだなぁ。
[PR]
by eriko621 | 2009-06-23 20:09 | お菓子
なしごれん
ナシ・ゴレン(nasi goreng)、と別けて書くようですが、日本語としては「なしごれん」と一語にしてしまいたい響き。
b0049218_23272373.jpg

ある日の昼ごはん

無印のナシ・ゴレンの素で作りました。具は冷蔵庫の残りもののキャベツとしめじを入れました。楽ちん♪上には半熟目玉焼きを。
バリに行った時にまず第一に食べた料理がナシ・ゴレンだったような気がします。あとミー・ゴレン。ベタですね、はい。ミーは麺とかそういう意味でナシがご飯って意味だったかと。
美味しかったなぁ、楽しかったなぁと思い出しなが噛み締めていただきました。おうちでも美味しかったです。彩り悪いですけど。

トルコ流で行くと、これをおかずにパンを食べるところですが、もう日本の食に慣れた相方はパンは食べませんでした。日本人からすると当たり前なんですけどね。ご飯にパンて、ダブル主食炭水化物はキツイっしょ・・・。

相方も気に入ってました。ちょくちょく仕入れとこうと思います。

気をつけましょう
[PR]
by eriko621 | 2009-03-03 00:48 | 料理・食べ物
モンドセレクションって
何やら地方菓子ネタが続いてます。お客さんから菓子折りが送られてきました。ありがたや。
仙台銘菓なんでしょうか。
中にお菓子の小さな説明書のようなものが入っていました。
b0049218_20403646.jpg

それによると、このうちの「萩の調」という丸いチョコクリームの入ったパフケーキは第34回モンドセレクション特別金賞を受賞したことがあるそうな。
それ食べてみたけど、まぁ、普通に美味しいなーって感想です。クリームたっぷり入ってて途中で気持ち悪くなっちゃった。美味しいんだけどね。それよりくるみ入りの餡パイのほうが私は気に入りました。例によって相方は餡子系菓子は食べないので、ちょうどいい。

このモンドセレクション金賞受賞っていう文字最近しょっちゅう見るんですけど、一体何。
CMでも健康食品の会社の商品が受賞したって言ってたし。健康食品って美味しいか?
「自信があるから電話はしません」って謳ってるアレです。
ちょっと前にこのモンドセレクションについて取材をしていたテレビを見たことがあるんですが、
美味しさもそうだけど、その製造過程やら、品質管理の点でも審査されるんだそうです。
そのモンドセレクションが近年、日本勢が次々と賞を取っているらしいです。そしてこのマークを商品にプリントできるのは受賞してから1年間だけ。へ~、という風に聞いていましたが、最近日本で普通に食してきた商品にもこの最高金賞受賞とかのマークがついてます。
「へ?そんな世界で認められるほど美味しいものだったの?それよりいいものは他国に無かったの?」って。梅干とか焼酎もこれを受賞することがあるそうです。外国人に日本古来の食べ物の美味しさが分かるんだろうかっていうのは日本人の悪い癖で、同じようにワインやらチーズやら洋菓子やらの舶来モノの良し悪しが日本人に分かるように(分かってるつもりだけかもしんないけど)分かる人にはわかるはずですよね。

でもまぁ、この賞取ったからって急にありがたがるのも変な話だけど、売る側にしたらいいアピールポイントになるからせっせと受賞獲得を目指してるんでしょうねぇ。
[PR]
by eriko621 | 2009-02-02 21:21 | お菓子
福井県の話
私の母親は福井県出身です。寒い冬を辛抱強く乗り越えるあの忍耐強さがあの県民にはあるような気がします。ただ、母親はあんな雪国には二度と住みたくないって言っていましたが。
母親が日帰りで福井に帰省した際にお土産を買ってきてくれました。
そう、水ようかんです。福井の武生あたりでは水羊羹は夏に食べるものではなく、真冬のこの時期に食べられるのです。すごく美味しい銘菓です。甘さ控えめ、水分が多く、ツルッといけちゃいます。この時期が一番美味しく出来る時期なんでしょう。なので、暑い夏に食べたくても売ってないようです。あっても美味しくない、とか。
この水ようかん、おばあちゃんが元気な頃は毎年冬にダンボール一箱分送ってくれたりしましたが、最近はもう老人ホームで暮らしているので冬に食べることはあまりなかったのです。
この水羊羹、大量に送られてきても、消費期限がすごく短いので、近所の人に配ったりしていました。私の友達の家にもおすそ分けしたり。羊羹嫌いな友達もこれを食べて初めて美味しいと思った、と言っていました。まるで別ものやな、って。
b0049218_0311040.jpg

母親のお気に入りは小川菓舗というお店の水羊かん。紙で出来た小豆色の素っ気無ーいパックに「水羊かん」の文字。ほんと「たくさん売る気はない」みたいな。同じ福井の水羊羹と言ってもお店によって味が違うようで、こないだ帰省した時はこの水羊かんが無くて仕方なく別のものを買っていましたが、気に入らなかったようです。
そして今回お気に入りのお店のものを一箱持ってきてくれました。相方はあんこ系のお菓子は一切手をつけません。お金積まれても食べないと言ってます。誰が積むねん、そんなしょうもないことに。
追記:こちらのホームページにこの水羊かんがのっていましたが、お店のリンク先がリンク切れを起していました。まじ売る気なし?

ちょっと前のニュースで全国小中学生学力テストが常に福井県が1位か2位だったように思います。それと秋田県。兵庫はもひとつ振るわずだったような。学力だけでなく、全国体力テストの結果も福井はトップクラス。
すごい可能性秘めてるなぁ、福井県。何が違うんだろう。雪国魂かしら?
学力テストも体力テストの結果も振るわなかった大阪の知事が憤慨してましたね。
「普通勉強できなかったら運動は出来るんですよ!」って。
そらないよ、橋本さん。それも一理あるけど勉強も運動も苦手な子はどうしたらいいって話だね。
[PR]
by eriko621 | 2009-01-27 01:03 | お菓子