ぼちぼち
by eriko621
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
日本の日常
お菓子
小麦遊び


風景
手作り
映画・本・ドラマ

トルコ小話
結婚・手続き関連
料理・食べ物
トルコの日常
家族
渡土日記
ひとりごと
自己紹介ぽいもの
はじめに
娘ちゃん
以前の記事
2015年 03月
2014年 04月
2013年 05月
2012年 10月
2012年 08月
more...
ブログパーツ
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:赤ちゃん ( 8 ) タグの人気記事
突撃、隣の昼ごはん。
もう一週間前ですが。
高校の友人宅へお邪魔してきました。高校のプチ同窓会のようでした。ま、いつものメンバーですけど。二世帯に新築したピカピカのおうちへ。いやはや夢が詰まってました~。吹き抜けのリビングにアイランドキッチン、ウッドデッキにパラソルに、全館空調、etc・・・理想のおうち豪華詰め合わせ、みたいな感じでした。
b0049218_2164184.jpg

ランチを用意してくれました。ご飯も美味しかった~。いくらが光っておる。お寿司は相方の大好物。
別の子連れ夫婦も来ていて赤ちゃんの成長が見れて嬉しかったです。どんどん可愛くなってるわぁ。
b0049218_2143111.jpg

もくもくと一人遊び中。この写真、お口がね、ヒヨコみたいになってて好き。


そしてこのお家の子が相方完全拒否。もっと小さい頃に会った時も泣かれたけど、今回もやっぱりアウトでした。何が駄目なのかね~。ヒゲか、くりくりの髪か眼鏡なのか。まぁ、明らかに違う顔立ちが原因かなぁ。何か違う動物キタ!とか思われたかな。母親(友人)、予行演習に写真見せといてんけどなぁ~だって。写真で免疫はつけられないようです。
普段からままあることだから、もう相方も慣れっこだけどね。バス乗ってて、ベビーカーに乗ってる子が相方の顔見てもう一度見返す、とか。子供は正直だね。
何を隠そう私の末の妹も小2か小3の時に相方に初めて会って、半泣きだったから。相方が話しかけても完全無視。だんまり決め込んで涙目だった。ご機嫌とろうとキャンディーとかあげても駄目だった。その時には考えられないほど今じゃ仲いいけど。そんな妹も姉の影響か義兄の影響かいまや外国かぶれ(?)でして、英検受けたり留学したいだの国際結婚でもいい、なんて言ってます。ほんとにそうなって海外に行ったら親泣くだろうなぁ。

話がずれました。この後、デザートもたくさん出てきてなんだかずっと食べてました。この友人、現在第二子妊娠中で、来年にはまた赤ちゃんが見れます!楽しみだ!次の子は相方に小さい頃から慣らしておいたら大丈夫かしら。
こんなお呼ばれなら毎月でもいいなぁ。誰か開催してくんない?
次はあなたのお宅にお邪魔しま~す!
[PR]
by eriko621 | 2010-11-13 22:17 | 日本の日常
甥っ子、パパになる
相方の甥っ子(@アメリカ)がお父さんになりました。甥っ子とは言えオーバー30です。
メールで写真を一緒に送ってくれましたが、女の子でした。アメリカとトルコのハーフ。私からしたら両方外人なので、顔立ちがトルコっぽいとかアメリカっぽいとかはありません。生まれたての子はみんな猿みたい。これからどんどん可愛くなるんでしょうね~。名前はトルコ語で水仙という意味の名を付けたようです。キョイ(田舎)にいる姪っ子と同じ名前です。つまり自分のいとこと同じ名前ですよ。何でこうトルコ人は同じ名前を付けるのか謎です。日本だと親戚と名前かぶるのは避けると思うんですが・・・。トルコ中にいるアフメットやムスタファという名前もそうです。絶対に親戚に一人以上はいると思います。もちろんうちの親戚にも両方ばっちりいます。

相方、甥っ子姪っ子がどんどんチチハハになっていくので、大叔父さんって呼ぶのかな。
とりあえず相方一族どんどん繁栄中。めでたいね。すまんが自分の子はもう少し待っておくれ。

ところで先日、中・高・大と一緒だった友人のところにも女の子の赤ちゃんが誕生しました。
年明け早々良いニュースだとこっちもうれしくなります。

本当におめでとう~。
[PR]
by eriko621 | 2010-01-19 00:42 | 家族
芸術の秋気取り
9月末の週末に高校の時の友人たち(全部で総勢8人に)とシャガール展開催中の兵庫県立美術館へ行ってきました。この美術館は6年ぶりに来ました。6年前にゴッホ展をしていた時、妹と観に行ったんですが、もう6年も経ったことにびっくり。
 その日は皆でランチをとってから、それぞれ友人の車で行ってきました。こういう時、車あったらいいなぁって思いますけど、普段は別にいらないので、ここで買うことは無さそうです。
友人の新しい彼氏を紹介してもらい、他に友人の友人とは初対面でしたが、これまた可愛い赤ちゃん連れで心がほっこりしました。ママは大変そうだ。
b0049218_23202457.jpg
あと、妊娠7ヶ月の友人はふんわりしたチュニックを着ていたので、妊娠中っていう感じがしませんでした。お腹だけ少し出てるなって感じで、全然太ってないし。最近は体重が増えすぎると医者に怒られるようで、これでも体重がやや多いと注意された、と言っていました。恐ろしや。私なんて妊娠したらデブ症出不精だから10キロくらいすぐ太りそうで怖いわぁ。トルコの妊婦もそのくらい軽く太ってるんですけど・・・。もっとも、トルコじゃ注意されなさそうですが。
 いつもの通り、相方はみんなの前で日本語炸裂トークをするので、「磨きかかってるやん」と言われていました。確かに、ここ2年で日本語のおしゃべりは精度が増したと思います。だけど、悲しいことに読み書きの勉強する気ないんだよなぁ。簡単な漢字くらいしか読めない。小1くらい。勉強する、すると言いもう2年経ちます。たまに携帯メールで漢字を使って送ってきますが、便利な変換機能、だいたい合ってます。でもたまーにとんでもない誤変換してるときもあります。

 美術館に着くと、はじめ駐車場は空きがないほど込んでいました。ちょっと待ったらすぐ入れたんですけどね。
 シャガールと言えば、宙に浮く絵が有名ですが、なんとも不思議な世界観で大変面白かったです。
画力ある人は普通人浮かせないもん。そのへんの感性がやっぱり天才なんだろうなぁ、と凡人の私は思うわけです。ユダヤ劇場の壁画の絵は本当にすばらしい。あと、もっと聖書のことを知らないとダメだなぁと思いました。私の聖書の知識って映画「十戒」くらいですから。あの波を分かつシーンとか?
 最後の展示には大きなタペストリーも掛かっていました。よく見ると手織り。絵のデザインはシャガール、織り込んだ人の名前がきちんと表示されていました。すごく迫力ある大作でした。
相方は絨毯屋なので、「こんなの目が粗いよ」とけなしていました。目の細かさだけが価値を決める訳でもないのにー。
 影響されやすい私は久しぶりに絵を描きたくなりました。油絵なんて高校の選択授業以来していないけど、せっかく買ったあの油絵セット、久しぶりに引っ張り出してみようかな、と思いました。色んなものがカビてそうで怖いけど。
 相方は美術オンチなので、絵心はないし、興味もないです。だから休日に二人で美術館なんて行くことも皆無。この日は友人のお誘いを受けて、楽しい芸術の秋気分を味わえました。
10月15日まで開催しているようです。興味のある方は是非どうぞ。
建物自体も世界の安藤が設計しているだけあって見ごたえあると思います。
そんなこと言いながら写真ないけどさ。ハハハ。
[PR]
by eriko621 | 2008-10-03 23:37 | 日本の日常
人と会う
お盆休み前から立て続けに友人と会ってます。お盆前の週末は東京にいる高校・大学が一緒だった友人と会い、お盆は高校の時の友人と伯方島、その翌日の夜には中学の時の友人と飲み会。その翌日には、自宅が割りと近いブログ友達tuanaさんご夫婦が我が家にやって来、お茶して夕食をご一緒しました。実は何回かお会いしてて、お宅にも相方と一緒にお邪魔したことがあります。その節は暑い中ありがとうごいました(>tuanaさん)。

そしてそのまた次の週末である昨日は、中学のソフトテニス部の集まり。最近何やら旧友と会える機会が多いので嬉しい限り。やっぱり時間をつくって会おうとしないとなかなか会えないし。
彼女たちとは6月末にも別の子の家で会ったんですが、今回はまた違う子Hのお宅訪問。7人集まって、4人既婚者というのはどゆこと。みんな結婚が早いです。Hの子どもがまた可愛いんだよ。毎月チェイスしに会いに行きたいものです。8月生まれのEちゃんは1歳になりました。

今回はEちゃん写真館で。6月に会った時。ぷにぷにのあんよがたまりませんっ。
b0049218_20392563.jpg

b0049218_2041741.jpg


1歳になりました~。こうして比べるとやっぱり顔つきも体つきもしっかりしてきてますね。歩くのは一歩二歩らしいです。でも歩き始めたら大変だろうなぁ。はいはいでBダッシュ。
b0049218_20421229.jpg


この日は手料理持ち寄りパーティーということにしました。みんながご飯ものを作るというので、私はお得意のお菓子を作ってもって行きました。前にも載せたスイートポテトケーキです。
好評で安心しました。みんなの手料理も美味しくて、昔の家事も何も出来なかった頃の少女ではないのだと実感しました。そりゃ当たり前か。もうみんな20台後半に突入してるもん。
昔の話をしたり、互いの近況を話したり、やっぱり昔から知ってる友人というのは何でも話せて楽しいものです。

結婚してもう家を買っている子が二人(上の写真のおうちです)。どっちも新築のピカピカでした。ニュータウンの景観というのはCMにでも出てきそうな町並み。ボロい家なんてなくて、緑あふれる公園があって、過剰にコンビニや自動販売機もないし。人間が造りだした桃源郷とでも言うか。恵まれた人たちだなーってベランダからぼーっと眺めてしまいました。

この夏は数年分、友人と会った気がします。それもこれも日本にいるから出来ることです。今の状況にも感謝しようっと。
[PR]
by eriko621 | 2008-08-25 21:27 | 日本の日常
また1人増えてる
イスタンブールに住む甥っ子家族(相方の甥っ子、とは言え同じ歳!)のお宅にお邪魔しました。この家族には長男、さらに第二子である長女も誕生してました。おぉ、月日は早いと感じた瞬間。
その長女の名前、すんごい難しい(私にとっては)。hilalnur?って書くみたいですが、私にはヒラヌーって聞こえます。間のエルとか聞こえなーい。この子もね、また可愛いんです。写真撮りまくってしまいました。ごめんね、変なお姉ちゃんで。可愛く撮れた写真を載せま~す。
にっこにこの笑顔。すでに貫禄あります。
b0049218_14105629.jpg
寝返りうつはいいけど元に戻れないっ!ふんぎゃ~。
b0049218_14111760.jpg
よいしょっと。
b0049218_14115935.jpg
この上目遣いがたまらなく可愛い!将来が楽しみですねぇ。
b0049218_1416895.jpg
この写真、ぶれてるけど、表情が私のツボです。一番好きな写真。
b0049218_16202760.jpg

ヒラヌー勝手に撮影会の後、みんなで買い物がてら食事に出かけました。この甥っ子の奥さんが車を運転して、近くのメトロシティーっていうショッピングモールに行ったんですが、車の量に圧倒されました。入り込む余地なし、だけど、ずっとイスタンブールで運転してきたこの奥さん、やっぱりツワモノです。グイグイ入る。日本なら事故おこすのでは?!っていうくらい荒い運転。
「もじもじ待ってたらずっと間で止まることになるわよ」と。相方も、このイスタンブールでは絶対に運転したくないと言っていました。車間距離なんてものは無いです。詰め詰め。

メトロシティーでお買い物タイム。5月に友人の結婚式に出席するので、ドレスを物色。日本で買ってもいいんですが、トルコでもチェック。
相方と二人なら悩んで待たせても遠慮しませんが、他の人がいると別。待たせるのが嫌なので、できることなら二人で来たかったのです。zaraは割りと安くて可愛いのあるけど日本にもあるしなぁ(ちなみに5月に三宮にオープン予定)とか悩んで悩んで。せっかくだしトルコのブランドにするか普通の海外ブランドにするか。待ってるほうは気にせずゆっくり見てね、と言ってくれてましたが・・・。なかなか決まらず、やっぱり日本で買うわ!なんて立ち去ろうとして最後に目に入ったipekyolというトルコブランドのお店に入って、気になるワンピース発見。黒いワンピースなんだけど、質も良くてディティール凝ってて素敵でした。クリーム色もあったけど、白に近くて結婚式に花嫁以外が白はダメだろうと思い黒に。サイズ38を試着してなんだか生地が余ってるのでもうワンサイズ小さいの無い?と聞くと若い店員は「無い」と言う。
まぁ、これでもいぃかということでお会計へ。そのレジカウンターでは店長っぽいデキル女風の人がいたので、この人にも念のため聞いてみると、コンピュータ画面を見ながら「在庫にまだ2つあるって見えるから、確認してきます。」とのこと。
結局まだ在庫はあって試着するとぴったり。なので36を買いました。最後に確認してよかった・・・。もう交換とか出来ないもん。決して安い買い物じゃないのよ。若い店員よ、もちょっと仕事まじめにしようよ。
サイズ36というのは日本でいうMサイズのことです。あやうくLサイズを買うところでした。
食事をして他に相方の買い物もちょっとして、家に戻る。
トルコ最後の晩、アメリカ人と結婚した甥っ子(弟)とビデオチャットを皆でしました。なんと今アメリカにいるそうです。みんな決めてから実行に移すまでが早いのなんの。ついてけない。

そしてトルコを出発する次の日は夜の便だったので、日中は日本へのお土産探しを計画。最後の晩は早めに就寝しました。
                                        
                                            
                                       いつ終われる?  つづく
[PR]
by eriko621 | 2008-04-27 16:07 | 家族
ウルギュップ最後の夜
最終日の夕方、姪っ子Uが家に到着。もちろん赤ちゃんも連れて。生後1ヶ月半くらいでもぅほんとに小さい!赤ちゃんてこんな小さかったっけ?久しぶりに赤ちゃんを抱くもんだから腫れ物に触るような気持ちになりました。だけど母・姪っ子の扱いは結構粗い。え、いぃんすか?
b0049218_22155092.jpg
ちょこんっとソファーに座らせられたヤームル。横にぷーさんもどきのぬいぐるみを添えて。
目が不思議な色してました。青黒いようなグレーのような。
b0049218_22192054.jpg
そう言うと、母・姪っ子「マーヴィ(青)よ」と言ってきました。青い目ってやっぱり憧れみたいなとこあるんでしょうねぇ。でもこの色は大きくなるにつれて変わってくるそうです。
というか、姪っ子Uに全然似てない。旦那さん似かしら。
b0049218_224394.jpg
出産でさらに劇太りしたんじゃないかと心配してましたが、彼女、この出産で13キロ痩せたそうです。そういや顔から首にかけてちょっとすっきりしたような?しないような。そして、帝王切開だったそうです。最初普通分娩で頑張っていたようですがなかなか産まれず、母子ともに危険と判断、急遽帝王切開することになったそうです。トルコはやたら帝王切開をすると聞くしどこまで必要性があったかは分かりませんが。それに私のトルコ語理解能力もずいぶん落ちているので、姪っ子が説明したトルコ語をちゃんと理解できたか微妙。
b0049218_22545396.jpg
おばあちゃんになった義姉と孫であるヤームル。帽子は嫌いのよう。


b0049218_2341831.jpg
b0049218_2341499.jpg
不思議なんですが、トルコの赤ちゃんも小さい時は鼻がころんと小さくて割と団子鼻。いつからあのシュッとした高い鼻になっていくんでしょう。私は生まれたときからこの歳までずっと団子鼻。いつスラっとした鼻になってくれるんでしょうか(一生ならない)。


                                            つづく
[PR]
by eriko621 | 2008-04-24 23:21 | 家族
ド・田舎へ
b0049218_4153871.jpg今日は相方の実家へ行って来ました。友達からボロボロの車(失礼!)をかりて日帰りです。その実家までの道がひどい。簡単な一本道、ところが穴だらけでボコボコ、穴を避ける為に右へ左へ、かなりの運転技術を要します。穴の上を通るとかなりの衝撃、カンボジアの道を思い出す。
アスファルト敷いてるみたいだけど、うっす~く敷いてる為、でかいトラックが通るたびに道は磨り減り、1年もしないうちに穴だらけ。ひどいもんです。


b0049218_416961.jpg1時間ちょいの地獄のドライブの後、相方のお父さんお母さんの家に。7人兄弟の末っ子だけあって父というより祖父に見える。とってもいい人です。目が青くてしぶい・・・。
私をエリィクと呼びます。えりこはやっぱり難しいのかな、もうお父さんの前ではエリィクでいいっす!






b0049218_4164517.jpg相方のお姉さんの家にも行って来ました。男の子が2月に生まれ、その子にも金のコインを。あぁ、今月だけで3人の赤ちゃんにコイン、1万5千円くらい出費してます。結構痛い・・・。赤ちゃんの可愛さの前ではそんなことどうでもよくなりますが。ここでは近所のおばさんも赤ちゃんを連れてきてて、赤ちゃん祭りと化してた。

b0049218_417925.jpg上が近所の赤ちゃん、下が甥っ子。相方は28歳にして16人も甥っ子姪っ子がいる・・・。
それにしてもかわいいなぁ~♪





色んな親戚に挨拶して夜にはウルギュップに戻る。実家、道見たら分かると思いますがものすごい田舎です。それ言ったら彼怒ります。「何言ってる、鉄道通ってて駅もあるのに」と。駅あってもねぇー、他は畑しかないじゃん。ススルはだいぶ気に入ってましたけど。
[PR]
by eriko621 | 2005-06-29 04:47 | 風景
友達の赤ちゃん
b0049218_5403381.jpg今年の3月、友達の赤ちゃんが生まれました。今まで彼女は実家で静養していて最近ウルギュップに戻ってきました。久しぶりの再会です。妊娠で太ったかなと思いきや、彼女全然太ってなくてびっくり。
今日の為私たちは金のコインを用意しておきました。トルコでは友達や親戚の赤ん坊に金のコインを贈るのが習慣になっています。トルコ人の金好きはもうここから始まってます。


b0049218_5424197.jpg生後3ヶ月の女の子、名前はdilsah、ディルシャフといいます。難しい・・・。
こうやってコインをお洋服につけるんです。
それにしても赤ちゃんはかわいい!もうずっと見てしまいます。肌とかもちもち、ぷるぷる、手をじたばた、何をしたいのか分からない、もう動きの全部がかわいい!時々天井見ながら笑ったり。「今天使と話をしてるんだよ」って。だとしたら素敵な話です。


b0049218_64111.jpg
こんなにかわいい、ほんとにピンボケが残念。でも親はこの子に向かって「チルキン、チルキン」と言います。チルキンとはトルコ語で不細工、ブスという意味。なんで?って思うでしょう。決して謙遜からきているわけではありません。私も初めて聞いたとき「は?!」とびっくりしました。
悪魔がかわいい子供に嫉妬してその子に悪さしないように、不細工、不細工、ここにはかわいい子はいない、という意味で言ってるそうな。
でも私、かわいい!かわいい!連呼してました。不細工なんて言えないなぁ、でも言ったら悪魔が・・・うぅ~困った。
[PR]
by eriko621 | 2005-06-27 05:57 | トルコ小話