ぼちぼち
by eriko621
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
異常気象?
今日は朝から天気もよく、元気よくパザル(青空市場)に行ってきました。ところが昼過ぎ頃から雲行きが怪しくなり、パラパラと雨が降り始めました。屋根があるところで避難していると、すぐに雨は上がり、また晴れ間が。春の天気はよく読めません。
そして本日16時ごろ、カンカンと変な音が外から聞こえてくると思ったら。
なんとアラレが降っていました。その大きさと言ったら、私が今まで経験したアラレの中で一番大きい。直径1センチはありました。大きなものはそれ以上。これは当たったら痛いだろうなぁ~。窓から裏庭を撮ってみる。
b0049218_340235.jpg

雨も混じって、水溜りに巨大なアラレがプカプカ浮かぶ。
b0049218_341249.jpg


今日の天気も変でしたが、今週はじめはすごく寒かったのです。暖かくなって焼くのをやめていたカロリフェルを再び焼くくらいに冷えました。
その寒の戻りのせいで、実をつけ大きくなり始めたチャーラ(杏の小さいもの)は台無しになってしまいました。相方はあの生の青い実をガリガリ食べるのが大好きなので、相当がっかりしてました。今年はこの辺で杏は生らないのかな。義姉の家の庭にも杏の木があって、それを狙っていた私たちとしては、残念でなりません。
[PR]
by eriko621 | 2006-04-30 03:59 | トルコの日常
寿司っぽいもの
私が日本にいる間に、相方、クシャダスに出張に行ってました。そこでサーモンを仕入れてくれてました。新鮮なものをすぐに冷凍したから、生でも大丈夫だろう、ということで生で頂きました。恐る恐る。
こちら握り(もどき)。
b0049218_16314275.jpg

そんでもってこっちは巻き寿司(もどき)。
b0049218_16363679.jpg

巻き寿司って難しい!もう寿司って書くのが申し訳ないや。以前にも巻き寿司作ったんですけど、その時は寿司飯が微妙でした。そして今回は寿司飯は上手くいったものの、海苔がもひとつ。高そうなパッケージに入ってたわりに、古い海苔の匂いが・・・。

やっぱり「これ大丈夫かな・・・?」と思いながら食べるのはおいしくない。サーモン自体はおいしかった気がするけど、恐る恐る食べてる時点で、もうそれはアウトなんですよねー。
魚臭い感もありましたし。昆布締めはやっぱり必要?やり方わからず昆布をのせてしばらく放置してみました。かなり意味なし。

昨日食べて、今日はまともに生きているので、結局このサーモンは大丈夫だったようです。ススルも食べたけど、今日も元気です。
まだ冷凍のストックがあるのですが、これはいつまで生食できるんでしょうか。酢で締めて押し寿司にでもしましょうかね。
[PR]
by eriko621 | 2006-04-27 16:51 | 料理・食べ物
経過報告
b0049218_18313049.jpg
これがトルコに帰ってきて次の日の現場の写真。
おっきな穴あけただけ。

b0049218_1833469.jpg
そしてこれ。隣の人が我らが土地にはみ出している様子。枯れ木やらゴミやらで見にくいですが、きちんと測量させた結果、この赤い印を付けられてるところまでが私たちの土地と判明。4~5センチならまだしも、50センチははみ出して来てるかと。おいおい。
土地の右側はオルタック側のものなんですが、このはみ出してる部分を早く何とかしないと、何でも半分半分と約束している以上、私たちサイドまで被害を被りそうです。

先日見に行った時は、あの穴に骨組みを作ってべトン(コンクリート)を埋め、基礎作りを開始していましたが、あいにくカメラを持っていなかったので、写真を撮れませんでした。

いよいよ始まった感じがします。これから長い道のり・・・一年以内に終わるでしょうか。
[PR]
by eriko621 | 2006-04-24 19:01 |
相変わらず
b0049218_17191835.jpg二ヶ月ぶりに会ったススル。全然変わってませんでした。ちょっとは大きくなってるかなって思ってたんですけど、このサイズが彼の成犬サイズのようです。もうすぐ一歳(推定)だし、そりゃそうか。面倒を見てくれた義姉一家に感謝です。
久しぶりに会った当初、ススルの中で私のポジションは明らかに下がっていました。そして当然のことながら義姉一家と相方のポジは上がっていました。ううむ、二ヶ月間面倒を見ていなかったのはやはり大きい。
これから少しずつ信頼回復(?)していくしかないです。

b0049218_17221818.jpg

昨日、4月23日はトルコのこどもの日でした。姪っ子と甥っ子が誘ってくるので、ススルも連れて、しょうがなしに行ってきました。近くのグラウンドにわらわらと子供が集まって何かお披露目しています。私には何がしたいのかさっぱり分かりませんでしたが、後でニュースで見ると、大きな街では、子供たちによる大規模なマスゲームが行われ、それなりに見れる催しをしていました。
でもこのウルギュップときたら。田舎だからか、全く統制が取れておらず、ぐだぐだでした。

ススルは子供たちがたたく太鼓の音に終始びびり倒し、人の多さにも慣れていないからか、落ち着きなくどこへやらに逃げようとしてました。相変わらずヘタレです。

そして、このこどもの日。昨年トルコにやってきた日もこどもの日でした。ちょうど一年たちました。二年目に突入です。

どうしましょ、ブログのタイトル・・・。
[PR]
by eriko621 | 2006-04-24 17:43 |
韓国からの贈り物
ずいぶん前になりますが、韓国はソウルにお住まいのミネママさんクイズ企画にわたくし、見事正解し(正解者私一人だけだったらしい・・・)、プレゼントを頂きました。ところが、プレゼントが届く前に私は日本に行ってしまったので、トルコに帰ってきてようやく手にすることができました。

本当にありがとうございます!ハワイクルーズのお土産、しかと受け取りました!!

さっそく中身をご紹介~☆
[PR]
by eriko621 | 2006-04-20 17:23 | トルコの日常
トルコより
今回の日本滞在で会えた方、会えなかった方、御挨拶もままならないままトルコに帰ってきてしまい、申し訳ないです。
とりあえず、昨日トルコの我が家に着きました。さっそく書きたいことがやまほどあるのですが、何から書いていいのやら。

関空から最寄のカイセリ空港まで25時間。もう勘弁してほしいです。トルコ航空の関空就航が待ち遠しいです。

関空~ミラノ間はもちろん日本人でいっぱい。そしてミラノ~イスタンブール間は当然のことながら、トルコ人が多く、あちこちでトルコ語が聞こえてきました。すると不思議な感覚に襲われました。「あぁ、ついに来てしまったか、トルコに」という、ややマイナスな思いと、「あぁ、もうすぐトルコか。懐かしいなぁ。」という思いとが入り混じって、一人で悶々としてしまいました。

イスタンブールに着陸する際、ほんとにソフトタッチの着陸で衝撃も少なく、「やるな、このパイロット」と私も思ったのですが、なんとその機内で拍手が起こりました。パイロットへの拍手でしょう。以前、トルコ国内の飛行機に乗った時も、着陸が上手いと拍手が起きたのに居合わせました。
私はトルコ人の乗る飛行機以外で、機内で拍手が起きたのを見たことありません。いいものはいいと褒める。これは民族性なんでしょうか。

帰ってきてまず荷解き。そして睡眠不足と疲れとで、夕方4時ごろにゴロンとベッドに横になったまま、朝の6時まで爆睡してしまいました。ええと、14時間ですか。最初目が覚めて時計を見た時は、これは夕方の6時だろうか?それとも朝の6時だろうか?とどっちか分からず混乱しました。一日目にして時差ボケは治りそうです。

今日は義姉の家に行って久しぶりの再会を楽しみます。と言ってもたった二ヶ月ぶりですが。
それでもってススルを迎えに行きます。ススルは私のこと覚えているかしら・・・ちょっと不安です。
一番下の妹は、会ったこともないススルがお気に入りで、ブログ見てるから更新してねと言います。それは姉の近況が知りたいのではなく、単にススルが見たいだけだと思われます。

そして家に帰ってくるときに、家作りの現場も覗いてきました。これもまた書きたいこと(愚痴)が山ほどあるので、また後日載せたいと思います。
[PR]
by eriko621 | 2006-04-18 21:50 | トルコの日常
10年パスポート
みなさん、お返事が遅れてます。のんびりお返事していくので、少々お待ちください。
ブログ熱がすっかり冷めてしまって、書こうと思っても、なかなかPCに向かえません。トルコに帰ったら、またマイペースに更新していくと思います。

ところで今日は、10年パスポートをゲットしました。しかも噂のICチップタイプ。
一番近い旅券発券所は、三宮の国際会館というところにあります。申請に行った日も相当込んでましたが、今日もやっぱり込みこみでした。だいたい2時間待ち。今は春休みだからでしょうか、それともICチップが欲しいんでしょうか。ガンガン旅券が発行されてるようです。
以前の5年パスポートは、期限が来年の2月まで。それまでにもう一度日本に帰ってくる保障はないので、今のうちに申請しておきました。有効なパスポートがないとトルコでのビザも買えなくなるようなので、これは大事な手続きです。
b0049218_2050836.jpg

ついに赤いパスポート♪

思い出いっぱい詰まった紺色のパスポートは返してくれました。変な穴あけられて使えなくされてましたが。
パスポートの冊子の中央あたりに、ICチップが内臓された分厚いページがありました。なんか硬くて嫌だなコレ。曲げたりできないし、レンジの近くに置くなとか、インクで汚すなとか、注文の多い奴だ。

パスポート受け取った後は、母と待ち合わせ、妹も入れて女5人でたらふく甘いもん食べて帰りました。あと2週間、本気で食い倒れです。
[PR]
by eriko621 | 2006-04-03 21:04 | 日本の日常